FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

シストレの強いFX会社

初心者も利用できる開発型ツール:クィックチャート・トレード

セントラル短資FXの自動売買ツール『クィックチャート・トレード』は、元々はその名のようにチャートソフトという意味合いの強いトレードツールでしたが、今年1月から自動売買機能が追加されました。更に2月からは、自動売買ロジック(ストラテジー)の無料公開も始まり、初心者にも使いやすい環境が揃ってきています。...

アルパリのメタトレーダー4(MT4)

アルパリ(Alpari)は、世界20ヶ国に展開する大手FX会社です。海外のアルパリでは、ミラートレーダーや裁量トレード用のツールも提供していますが、国内のサービスとしては今のところメタトレーダー4(MT4)に絞っています。→詳しくは、Alpari MT4のページへ1000通貨単位(マイクロロット)の...

シストレ365 成果報酬型のFX自動売買ツール

くりっく365の自動売買ツール「シストレ365」は、FXトレーディングシステムズが提供する独自の自動売買ツールです。詳しくは、 FXブロードネット シストレ365のページへ多くのFX業者が、ミラートレーダーやメタトレーダー4(MT4)などの世界標準ツールを提供する一方、同社のように独自ツールで勝負す...

アルゴトレード365:くりっく365のFX自動売買ツール

岡三オンライン証券のFX自動売買ツール「アルゴトレード365」の提供が開始されました。システムは、以前ひまわり証券の「エコトレFX」を提供していたオスピスが開発したものなので、実績があります。また、「くりっく365」の取引専用に開発されているため、リスク分散などの目的で投資対象を拡げたいトレーダーに...

エクセルで株・先物・オプション・FXの自動売買

11月13日に岡三オンライン証券から、「RSS 365FX」がリリースされました。自動売買プラットフォームとしては、非常にユニークかつ、上級システムトレーダーには、なかなか魅力的な商品なので、ここで紹介します。岡三オンライン証券「RSS 365FX」は、開発型のシステムトレードツールに分類されるもの...

FXTF MT4サービスの特徴

今回はFXトレードフィナンシャルのメタトレーダー4(FXTF MT4)の特徴について紹介します。ご存知のようにMT4を提供しているFX会社は国内でも多くあります。そのため、各社が工夫して様々な特徴付けをしていますが、その中でもFXTF MT4は後発なので、他社のサービス内容をよく研究して、ポイントを...

ミラートレーダー公式コミュニティがオープン

ミラートレーダーのフォーラム
8月からミラートレーダー公式コミュニティーが開設されました。始まったばかりで、まだ投稿も少ないのですが、Tradency社の日本代理店が運営する公式サイトということで、今後は質の高い情報交換の場になることが期待されます。トレーダーが長期に渡ってモチベーションを維持し、同時に良質な情報を得るためには、...

エコトレFX 無料Webセミナー全5回(更新)

国産の選択型システムトレードツールとして人気の高い、ひまわり証券の「エコトレFX」について、参考になるWebセミナーが開催されていますので、お知らせします。ひまわり証券エコトレFXのページへ今回紹介するセミナー 『勝てるシステム』『負けるシステム』の見分け方 は、統計学を使って、エコトレFXで勝てる...

メタトレーダーの簡単プログラミング EA Generator

今回は、セブンインベスターズの7FX Meta Trader4(メタトレーダー4)に搭載されているEA Generatorについて解説します。FXのテクニカル(チャート)分析を学んでいくと、自分なりのシステムを試してみたくなりますが、そのままトレードを始めるのは危険です。そこで、過去何年かの為替デー...

日経225先物のシストレを無料体験「トレードスタジアム」

開発型システムトレードツールとして知られているトレイダーズ証券の「トレードスタジアムを3ヶ月間無料で利用できるキャンペーン」が始まります。合わせて、システムトレード.comで日経225用の自動売買ソフト(自動売買システム)が無料ダウンロードできるキャンペーンも実施中です。この2つのキャンペンを合わせ...

API公開タイプのシストレツール「Monex Joo」

※ マネックスFXは、2011年10月29日(土)で、マネックスJooの「トレーディングAPI」サービスを終了しました。(2011年11月更新)これから何回かに分けてMonex Joo「トレーディングAPI」について取り上げていきたいと思っています。本日は、その第1回としてAPIとは何か簡単にお話し...

オートFX 無料ストラテジーMATTrend,MATTcillator追加

先日のエコトレFX記事でお話したマットキャピタルマネージメント社のストラテジー(売買システム)が、FXトレード・フィナンシャルの「オートFX」でも使えるようになりました。システム名はMATTrendとMATTcillatorで、前者がトレンドフォロー型、後者がレンジ相場に対応したシステムです。過去の...

エコトレFX 最新売買モデル「マットBB」について

このブログでも何度か取りあげている「エコトレFX」ですが、この人気の高い選択型システムトレードツールに斬新な売買モデル(システム)が加わりました。 ひまわり証券「エコトレFX」のページへあの元為替ディーラーにして現衆議院議員、FX関連の著書も多く書いているマット今井氏の考案システムです。正確にはマッ...

kakaku FX Mk-Ⅱ

(株)カカクコム・フィナンシャルから、「kakaku FX Mk-Ⅱ」という新しいシステムトレードツールが、リリースされました。開発型の範疇に入るシステムトレードツールですが、先進的な特徴が2つあり、今後プログラミングに慣れた上級トレーダーを中心に、人気が出てくると思います。特徴1)Javaによるシ...

MTFX(セブンインベスターズのメタトレーダー4)

今回は、セブンインベスターズが提供しているメタトレーダー4(MT4)のサービス「MTFX」を、紹介します。 セブンインベスターズのMTFXMTFXが他社のMT4と異なる点は、主に2点あります。特徴1)EA Generator付加サービスとして、「EA Generator」というアプリケーションソフト...

オートFX プレミアムラウンジの詳細② 投資顧問会社の情報サービスとは

ミラートレードは、非常に多くのシステム(ストラテジー)が、予め世界中から集められていることが魅力です。もちろん選択肢が多いということは、有利なことですが、しかし反面、その中から実際のトレードで使えるものを選び出し、更には自分のリスク許容度に適した組み合わせ(ポートフォリオ)を作るのは容易なことではあ...

トレードスタジアム

「トレードスタジアム」の利用料が期間限定で無料になるキャンペーンがあるので、お知らせします。 日経225専用自動売買ツール「トレードスタジアム」 「トレードスタジアム」は、トレイダーズ証券が提供している開発型システムトレードツールです。システムの開発に必要な機能が充実しており、本格的なシストレツール...

オートFX プレミアムラウンジの詳細①

以前の記事 「シストレステーション」と「オートFX」② を読んだ読者の方から「プレミアムラウンジ」に関する質問が多く寄せられました。投資のプロの選んだシステムやポートフォリオが見られる「プレミアムラウンジ」は魅力的なサイトですが、オートFXの口座開設者限定のサービス(無料)です。そのため、口座を開設...

「シストレステーション」と「オートFX」② 情報提供の違い

 Tradencyの新プラットフォームに関する第2回目です。今回は、前回の予告どおりFXCMジャパン「シストレステーション」とFXトレード・フィナンシャル「オートFX」の違いについて書きます。 同じミラートレードなのにそれほど違うのか?と疑問に思われる方もいると思いますが、確かにプラットフォーム自体...

トレードシグナル③

 前回記事から少し時間が経ちましたが、トレードシグナルに関する3回目です。利用料金が大幅ダウンしたこの時期に、この高機能なプラットフォームの紹介をしておこうと考えました。(詳しくは、下記サイトを参照) ひまわり証券のトレードシグナル・キャンペーン・ページ  今回は、システム開発をする場合のメリットに...

「シストレステーション」と「オートFX」① 新プラットフォームの注目点

Normal 0 0 2  Tradency社のミラートレードは、選択型のシステムトレードツールとして世界的に最も普及しています。私の著書やブログでも、よく取りあげていますので、ご存知の方も多い...

トレードシグナル②

 トレードシグナル関連の第2回目です。前回の記事から短期間の間にかなりの反響がありました。FXで自動売買を経験した方が次のステップとして、FX以外への投資に取り組んでみたいとういことで、関心が高いようです。 そういうわけで今回は、多様な投資対象の自動売買ができるというメリットについて、お話します。私...

トレードシグナル①

 拙著「使える売買システム判別法」で紹介したため最近、ひまわり証券のトレードシグナル(tradesignal)について聞かれることが増えています。そこで、この機会に本ブログでも、数回に渡ってトレードシグナルについて書いてみようと思います。 トレードシグナルは、上級者のシステムトレーダにとっては様々な...

システムトレードツール①

ひまわり証券:トレードシグナル  今回からは数回に分けて、開発型のシステムトレードツールを提供している金融事業者について、そのサービス内容を紹介していきたいと思います。ただし、最近は専門のシステムベンダーが開発したシステムも多く流通しています。したがって開発型といっても、それらを利用すれば、他者の作...

シストレの現状②

前回記事「シストレの現状①」では、2010年にシステムトレードが本格的に普及してくことについての展望をお話しました。次いで今回は、現状でどのようなサービスが提供されているかについてご説明していきたいと思います。  金融事業者が提供しているシステムトレードツールは大きく、「選択型」と「開発型」に分ける...

シストレの現状①

 明けましておめでとうございます。いよいよ、2010年の幕が切って落とされました。本年も、システムトレードはもとより、投資に関する有益な情報をお届けしていきたいと思いますので、ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。  今年最初のトピックですが、システムトレードについての現状についてお話したいと思い...

らくちんFX FXらくだ 比較

前回のくにやす・FXの記事で、FXCMジャパンのらくちんFXとの違いの一つとしてサーバーについてご説明しました。 今回は、具体的にどのくらい成績が違うのかを見るために、代表的なシステムで2社のPF(プロフィットファクター)を比較してみました。 データは2009年10月27日時点の、過去12ヶ月の合計...

ひまわり証券 エコトレFX その②

以前もお伝えした、ひまわり証券のFXサービス「ひまわりFX」の「えらんで自動売買 エコトレFX」(以下、エコトレFX)ですが、今回はこのシステムトレードツールについて、もう少し詳しく述べたいと思います。   前回関連記事はこちらへ 「エコトレFX」は、ひまわりFXが2009年5月から展開し...

くにやす・FX FXらくだ

 今回はくにやす・FXを紹介します。同社やシステムトレードを前面に出している特長あるFX会社で、2009年10月現在、国内でTradencyのシステムトレードツールが使えるFX会社3社の内の一つです。  Tradencyのツールは「FXらくだ」というサービス名で提供されていますが、FXCMジャパンと...

FXCMジャパン らくちんFX

今回紹介するのは、2008年12月国内で最初に、Tradency社のシステムトレードツールを採用したFXCMジャパンです。国内の100社を超えるFX会社の内で、おおよそ10位前後の規模(口座数、証拠金残高、取引高などを基準にした場合)の大手FX会社です。かなり以前の話ですが、2005年に他社に先駆け...

ひまわり証券 エコトレFX

当ブログではこれまで、FXCMジャパンなどが採用している、米Tradency社の自動売買プログラムについて、システム分析や注目システムをお伝えしてきましたが、今回は他社のツールについても触れたいと思います。近年は、日本でFXを提供する金融事業各社もシステムトレードに積極的な傾向で、口座開設者に向けて...