FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

参考になる書籍紹介

ダイヤモンドZAi5月号「FX自動売買 収益ゲットのヒケツ」

4月号に続き3月21日に発売になったダイヤモンドZAi5月号でも、FX自動売買について解説しました。内容は、私の本やブログを読まれている方には初歩的なことですが、システムのライフサイクルについて解説しています。ご興味があれば、書店などで一度ご覧いただければと思います。ダイヤモンドZAi 5月号より(...

ダイヤモンドZAi4月号「FX自動売買 収益ゲットのヒケツ」

ダイヤモンドZAi4月号(2月21日発売)の取材があったので、FX自動売買について解説しました。今回は、初心者が陥りやすい失敗に焦点を当てています。ダイヤモンドZAi4月号より(イラスト藤波俊彦)...

ダイヤモンドZAi2月号に私の投資手法掲載

12月21日発売のダイヤモンドZAi2月号に、私の投資手法が掲載されました。FX自動売買とは何か、どんなFX会社で自動売買ができるか、数多く提供されている売買戦略(ストラテジー)の中から良いものを選ぶ方法について、基礎的なことを解説してあります。 ダイヤモンドZAi2月号記事より抜粋 ...

マイコミジャーナルの対談記事(中編)

本日、マイコミジャーナルにインディ・パ代表本郷氏との対談記事(第2弾)が掲載されました。→前回記事へ今回は、本題の「トレードにおける統計学の有効性」が話題です。ご興味のある方は、どうぞご覧ください。マイコミジャーナル記事:本郷氏・山本氏が語る - 統計学はシステムトレードにどう有効なのか(中編)...

ビッグ・トゥモロウ9月増刊号に掲載!

本日発売のビッグ・トゥモロウ9月増刊号『年1000万円稼ぐ「投資&副業」の始め方』に、当ブログが紹介されています。内容は、これからFXを始めるという入門者のために、自動売買の魅力や始め方について解説しています。(2章 FXは為替の勉強をしなくても儲かる」18~23ページ)入門者向けの記事ということで...

7月24日新刊「FX自動売買・ガチンコ投資必勝技」発売!

 この本では、Tradency社のミラートレードに焦点を当てて、システム選びから資金運用までのノウハウを書いています。7月にFXCMジャパン、8月にFXトレード・フィナンシャルから新バージョンのミラートレード(新プラットフォーム)が提供されるので、それにタイミングを合わせての新刊発売です。因みに、T...

確率統計の参考書

 拙著「使える売買システム判別法」の発売以来、読者から一番多くいただいた質問が、「確率統計の勉強を始めたいが、良い参考書はないか?」というものです。 統計学は学習することで得られるメリットを考えると非常に魅力的な学問ですが、その反面独学が難しく、挫折しやすいことでも知られています。そこで、ここ1週間...

次の本「使える売買システム判別法」は5月中旬発売!

拙著「らくらく儲ける!しっかり儲ける!FX自動売買入門」を読んで、本格的にシステムトレードを始めた読者の皆さんから、もっと詳しい本格的な解説書が読みたいという声が多く寄せられていました。今回のものは、そのようなご要望に応えられる内容にしたつもりです。全国の書店に出回るのは、5月中旬になります。どうぞ...

システム開発のための参考書(目次)

 最近このブログの読者からのメールを見ると、多くの方がシステムの開発に興味を持っていることが分かります。そこで、そのような開発型のシステムトレードをめざす方のために、私自身が過去に読んで参考になった書籍を紹介してきました。 システムトレードは、過去数十年に渡って様々な研究がなされてきた歴史があるので...

システム評価のための参考書

 ここまで数回に渡って、開発型のシステムトレードをめざす方のために、参考書を紹介してきました。システムの開発は、ごく大雑把に言うと、戦略のアイデアを考えてシステムを作り、その性能を検証するという2つのことをします。今回は、後者のシステム検証についての参考書です。  ただし、システム検証の知識は必ずし...

39のよく知られた戦略

 ここまで数回に渡って、開発型のシステムトレードをめざす方のために、参考書を紹介してきました。それらの書籍が理解できれば、実際にメタトレーダやトレードシグナルなどのトレードツールを動かして、その上で売買プログラムを書き、自分なりの戦略(仕掛けや手仕舞いなどのルール)で、自動的売買できるようになります...

伝説のシステムトレーダ14人へのインタビュー

 システムの自作をめざす上級トレーダ向きの参考書を紹介するシリーズの第4回として、今回はシステムトレードの全体像を知ってもらうのに良い本をご紹介しようと思います。私の本やブログでも、様々な切り口でシステムトレードの全体像を解説しています。それは、できる限り広い視野で多くの選択肢を示すことで、それぞれ...

メタトレーダ4のプログラミング言語MQL4

 今回は、メタトレーダのプログラミング言語、MQL4の参考書をご紹介します。  メタトレーダは、前回紹介したトレードステーションと共に、システムトレードのもう一つの世界標準プラットフォームになっています。主にFXのためのシステムトレードツール(プラットフォーム)として世界的に人気があます。非常に多く...

イージーランゲージ系のプログラミング言語

トレードシグナル,マネックストレーダ,トレードステーションのプログラミング言語について  2月24日の記事で、トレードシグナルのエキーラというプログラミング言語のお話をしたところ、読者からの質問が多かったので、今回はそのような少し上級のシステムトレードをめざず方のための書籍をご紹介することにします。...

オススメの一冊

パンローリング社のトレーダーズショップに「オススメの一冊コーナー」というのがあるのですが、そこに書評を書きまた。このコーナーは、有名なアナリストや投資家の方々が、良い本を紹介しているので、私も時々見ています。ご参考になさってはいかがでしょうか。 トレーダーズショップ「オススメの一冊コーナー」へ 「マ...