FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

シストレ24検証レポート

山本克二流ユニット

シストレ24のストラテジー選択ツール「Myシストレ24 ver3.0」で公開されてる「山本克二流ユニット」は、私の理論を元にインヴァスト証券が独自に作成したユニットです。インヴァスト証券様とは、シストレ24のサービス開始以前からのお付き合いですが、日頃から分析手法のアドバイスなどさせていただいているので、私の名前を冠したユニットを掲載していただき、大変光栄に思っています。

インヴァスト証券Myシストレ24ver3.0より
<インヴァスト証券Myシストレ24ver3.0より>

ただし、現時点ではユニット組成の根拠になるような細かな情報は提供されていないようです。おそらく、なぜこのストラテジーを選んだのか? なぜこの取引量(ロット数)が良いのか? など、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで、インヴァスト証券様の許可を得て、「山本克二流ユニット」について、私なりに検証してみることにしました。山本流といっている以上、当然、私本人から見ても妥当なユニットになっているはずですが、さてどうなるでしょうか。お楽しみに!

今後の検証手順


「山本克二流ユニット」のユニットの基本構成は、8つのストラテジーから成っており、組込み比率を細かく調整して、30万円~500万円の資金額に合わせ込んでいます。そこで今後、以下のような手順で、順次解説記事を公開していくつもりです。文章量が多くなるので、毎週少しづつ追加していきます。そのため、全体像が分かるまでに少々時間がかかるかもしれませんが、どうぞおつき合いください。

1)8つのストラテジーをそれぞれ細かく解説

 選ばれたストラテジーの特徴や信頼性、利益期待値、リスク、実際に利用するために必要な資金額などについて詳細に分析・検証します。また、私の本の読者ばかりが読むとは限らないので、そういう方にもある程度理解できるように、簡単な分析理論の解説も交えながら、お話を進めようと思っています。


2)最後に各ストラテジの組込み比率の妥当性を検証

 一目で、先月(2013年6月)から利用可能になった1000通貨単位を上手く使って細かな組込み比率を採用していることが分かります。このあたりが山本流ポートフォリオ理論という所以でしょうか。ユニット全体の「味付け」や、投資効率、利益期待値などを検証するつもりです。


3)7月上旬までのデータを分析対象にする

 この検証では、ユニットの公開後のデータを使わず、公開時点のデータで何が言えるかという観点で分析します。その後の結果を織り込んで「後付けの説明」をすることは簡単ですが、それでは実戦で役に立つ理論を解説することにならないからです。  その一方、実際にやってみた結果と、当初の予測を比較・分析するのも、手法を改善していくために重要なことですので、それについてはユニット公開後3ヶ月程度経った時点で、このユニット検証とはハッキリと切り離した形でやってみたいと考えています。

シストレ24検証:AdaptiveSystem(AUDUSD) 1/2

シストレ24検証AdaptiveSystem(AUDUSD)
シストレ24の「山本克二流ユニット」検証記事の第一回として、今回はAdaptiveSystem:通貨ペアAUDUSD(以下AdaptiveSystem)についてお話します。概要と基本スペックAdaptiveSystemは、2011年10月から稼働を始めたストラテジーですが、開始から2012年までは成...

シストレ24検証:AdaptiveSystem(AUDUSD) 2/2

シストレ24検証AdaptiveSystem(AUDUSD)
前回は、AdaptiveSystemの基本性能や、ユニットへの採用に足るストラテジーか否かという観点で見てきましたあ、今回はもう少し踏み込んで、シストレ24で実際に利用した場合のリスクやリターンを定量的に予測してみたいと思います。リスクの推定システムトレードで重要なことのひとつに、リスクの把握があり...

シストレ24検証:ExoticFx(EURAUD) 1/2

シストレ24検証ExoticFx(EURAUD)
今回からは、シストレ24「山本克二流ユニット」に組み込まれている2番目のストラテジーExoticFxについて検証します。ユニットでは、EURAUDとGBPAUDという2つの通貨ペアが使われていますが、同じストラテジーといっても、それぞれの通貨ペアで、かなり違う部分がありますので、それぞれ別に論じる必...

シストレ24検証:ExoticFx(EURAUD) 2/2

シストレ24検証ExoticFx(EURAUD)
前回は、ExoticFx(EURAUD)の基本スペックや、損益の確率分布から分かるストラテジーとしての特徴について考察しました。今回は、信頼区間推定と、後に行うシストレ24のユニットを組成するための基礎データとなるリスクやリターンの定量予測をしてみたいと思います。損益パターンと信頼区間ExoticF...

シストレ24検証:ExoticFx(GBPAUD) 1/2

シストレ24検証ExoticFx(GBPAUD)
今回からは、シストレ24「山本克二流ユニット」3番目のストラテジー、ExoticFx(GBPAUD)の検証に入ります。前回と同じExoticFxですが、EURAUDとGBPAUDという通貨ペアの違いにより、様々な違いが起こってきます。そのため、ここではExoticFx(EURAUD)との比較を中心に...

シストレ24検証:ExoticFx(GBPAUD) 2/2

シストレ24検証ExoticFx(GBPAUD)
ここまではExoticFx(GBPAUD)の基本性能や、損益の確率分布から、ストラテジーとしての特徴や注意点を検証してきました。シストレ24のストラテジーの中では、比較的ハイリスクな部類に入るExoticFx(GBPAUD)ですので、ここからの検証は、それに見合うだけのリターンが得られるかという点に...

シストレ24検証:FxThunder(EURAUD) 1/2

シストレ24検証FxThunder(EURAUD)
シストレ24で公開されている「山本克二流ユニット」の検証記事を連載していますが、今回は4番目のストラテジー、FxThunder(EURAUD)(以下 FxThunder)の分析です。概要と基本スペックFxThunder(EURAUD)は、2011年7月からの稼働で、平均勝率は約40%と低めですが、シ...

シストレ24検証:FxThunder(EURAUD) 2/2

シストレ24検証FxThunder(EURAUD)
前回に引き続き、FxThunder(EURAUD)のリスクとリターンについて、より定量的な分析を加えてゆきたいと思います。累積損益の推移まず最初に過去の経緯を概観するために、FxThunder(EURAUD)がシストレ24で稼働開始してからの累積損益の推移を以下に示します。<FxThunder(EU...

シストレ24検証:Taiyo(NZDUSD) 1/2

シストレ24検証Taiyo(NZDUSD)
今回のシストレ24「山本克二流ユニット」の検証記事は、Taiyo(NZDUSD)(以下 Taiyo)についてです。これから徐々に解説していきますが、非常に優れた面と、危うい面の二つの顔のあるストラテジーです。それだけに、慎重に分析していきたいと思います。概要と基本スペックTaiyoは、比較的トレード...

シストレ24検証:Taiyo(NZDUSD) 2/2

シストレ24検証Taiyo(NZDUSD)
前回は、Taiyoの特性として売買頻度が多く、トレード結果のばらつきが小さな使いやすいストラテジーである反面、データの信頼性に不安があるというお話をしました。ここからの定量的な分析では、ある程度データが今後ブレることも想定して、安全面に配慮した検証をしていきたいと思います。リスクの推定1)勝率からの...

シストレ24検証:ThirdBrainFx(NZDUSD) 1/2

シストレ24検証ThirdBrainFx(NZDUSD)
ThirdBrainFxはシストレ24を代表するストラテジーの一つで、人気があります。「山本克二流ユニット」でも、NZDUSDとAUDJPYの二つの通貨ペアのものが採用されていますが、例によってそれぞれに勝率や取引頻度が大きく違いますので、今回から2回に渡っては、NZDUSDについて検証していきたい...

シストレ24検証:ThirdBrainFx(NZDUSD) 2/2

シストレ24検証ThirdBrainFx(NZDUSD)
前回は、ThirdBrainFx(NZDUSD)の損益分布が二極型になっており、その期待値は、単純計算では十分高い値になっているが、シストレ24からダウンロードできるデータを見ると、ThirdBrainFx(NZDUSD)のトレード回数が少ないことから、そのままの確率分布では信頼性が低いと考えられる...

シストレ24検証:ThirdBrainFx(AUDJPY) 1/2

シストレ24検証ThirdBrainFx(AUDJPY)
今回からは、ThirdBrainFx(NZDUSD)に続いて、同じThirdBrainFxの通貨ペア違い、ThirdBrainFx(AUDJPY)について検証します。シストレ24も含め、各社のミラートレーダーのランキング上位に表示されることの多いストラテジーですので、ご存知の方も多いと思います。概要...

シストレ24検証:ThirdBrainFx(AUDJPY) 2/2

シストレ24検証ThirdBrainFx(AUDJPY)
ここまでのThirdBrainFx(AUDJPY)に関する検証結果をまとめると、投資効率の面では問題なく、ポートフォリオの主軸に置いておかしくないストラテジーと考えられますが、途中で推定値12,500pipsという大きなドローダウンを発生する可能性があります。ThirdBrainFx(AUDJPY)...

シストレ24検証:QuickShift(EURJPY) 1/2

シストレ24検証QuickShift(EURJPY)
これまで、シストレ24の「山本克二流ユニット」を構成するストラテジーの分析をしてきましたが、今回から2回に渡って、その8番目、最後になるQuickShift(EURJPY)について検証していきます。概要と基本スペックQuickShift(EURJPY)のトレード頻度は月平均で2回程度、ポジションの平...

シストレ24検証:QuickShift(EURJPY) 2/2

シストレ24検証QuickShift(EURJPY)第2回
前回の検証で、QuickShift(EURJPY)は比較的リスクの低いトレードを、時間をかけて繰り返すストラテジーであることが分かりました。また、時間あたりのトレード回数が極端に少ないため、投資の基本である利回りが、今後のチェックポイントになることも、お話しました。ここからは、その利回りを含めて、リ...