FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

MT4(メタトレーダー4)でのFX自動売買では、既に常識になっているVPS(Virtual Private Server:バーチャル・プライベート・サーバー)ですが、最近便利なプレインストール・サービスが始まりました。従来は、VPSの契約をしてから、自分でMT4をインストールする必要があったのですが、VPSの提供会社が事前にその作業をしておいてくれるというものです。

このサービスは、VPSは使えるねっと、MT4はFXトレード・フィナンシャルが提供しています。どちらの会社も、それぞれの分野で国内トップクラスの実績があるのが、利用者としては安心材料です。

ここでVPSについて、初めて聞くという方のために、簡単に説明しておきます。MT4は、PCにインストールして実行するタイプのFX自動売買プラットフォームです。同じFX自動売買のためのプラットフォームとして知られているミラートレーダーとの比較で説明すると分かりやすいと思いますが、ミラートレーダーはWebアプリケーションと言って、プログラムの実態がFX会社のサーバー上で稼動しています。そのため、ユーザーが自宅のPCをOFFしても自動売買は継続して24時間365日稼動し続けます。また、専用のサーバーやネットワーク回線を利用しているため、家庭用のPCに比べて信頼性が高いのもメリットです。

PCにインストールする必要のあるMT4はその逆で、FX自動売買をするためには、家庭のPCを常時電源ONにしておかなくてはなりません。これは実際にやってみるとかなり手間のかかることで、その間にシステム障害で自動売買が止まってしまうリスクも大きいと言えます。また、停電時にPCの電源はバックアップできたとしても、インターネットへの接続が切れてしまうなどの問題もあります。そこで、利用されるのがVPSです。VPSによるFX自動売買では、外部のレンタルサーバー会社に専用サーバーを確保して、そこでMT4の実体を稼働させて、操作だけを自宅のPCから行います。

VPSによるFX自動売買
<VPSによるFX自動売買のメージ:使えるねっと社ホームページより>

因みに、FXトレード・フィナンシャルでは、ブラウザー版MT4も提供しています。ミラートレーダーと同じように、FX会社が管理しているサーバー上でMT4が稼動しており、操作だけを自宅のPCから行うものですが、このサービスではEA(エキスパートアドバイザー:自動売買を実行するプログラム)が利用できません。したがって、MT4でFX自動売買をしようとすると、どうしてもインストール版のMT4を利用する必要があります。


2014年04月17日  | メタトレーダー  | 記事URL