FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

今回は、「ストラテジーアワード2013」で最優秀ストラテジーに選ばれたAznable++ [USDJPY]について解説します。

シストレ24のプラットフォームはミラートレーダーですが、搭載されているストラテジーについてはトレーデンシー社から提供されているものに加えて、インヴァスト証券が独自に国内プロバイダーと提携、調達しているものがあります。Aznable++ [USDJPY]もそのひとつです。最近の国産ストラテジーのレベルアップは著しいものがありますが、今回の受賞もその現れと言えるでしょう。

収益率の継続性

前回まで解説してきたQuickShift [EURJPY]は、昨年と今年の収益率を比べた結果、安定して同様の成績を上げてきたことが分かります。このようなストラテジーは、投資家から選ばれやすく、またその期待に応えて収益をあげてきたことで、実際に投資家に利益をもたらした優秀なストラテジーだと結論したわけです。

ここでは、収益率を比べる期間を前回までの1年間から半年に少し短くしてみます。アワードでの評価基準を一年と完結した期間とするなら、この1年の前半で選ばれ、後半で期待通りの成績をあげたものを評価すると考えることもできるからです。前回示したグラフに比べて、どのような変化が現れるでしょうか。

その結果を以下の図に示します。横軸が昨年の前半、縦軸が後半の半年間の収益率を示しています。図中のグリーンのラインに沿って、できるだけ右上にあるストラテジーが昨年1年間を通じて安定したパフォーマンスを発揮し、かつその成績が高かったことになります。

 Aznable++ [USDJPY] グラフ1
<Aznable++ [USDJPY] の収益率相関図>

前回のグラフ(2012年 対 2013年)にくらべて、半年単位の収益率で見ると、一定の成績を上げているストラテジーが増えていることが分かります。つまり、過去半年とその後の半年の収益性は一年毎のそれに比べて、相関性が高いとい言えます。あくまで、多くのストラテジーをおしなべて、一般論として言えることですが・・・過去一年間の成績を見るよりは、半年の成績を見てストラテジーを選んだ方が「当たる可能性」が高いということです。

少々話が脱線しましたが、ここで今回のグラフ上から、一定の成績を上げているストラテジーのトップ2を選んだものが、図中オレンジ色の枠です。前回解説したQuickShift [EURJPY](右上)と、今回のAznable++ [USDJPY](左下)が入っています。つまり、過去一年間を前半後半に分ける分析では、QuickShift [EURJPY]の他に、Aznable++ [USDJPY]もアワード候補に入ってきます。

しかし、これだけではAznable++ [USDJPY]が「最優秀」であることの説明になりません。次に損益の推移について分析してみます。


Aznable++ [USDJPY]の昨年1年間累積損益


実際の損益額と1年を通した推移が以下の図です。横軸は時間、縦軸はpips単位の累積損益を示しています。

 Aznable++ [USDJPY] グラフ2
<Aznable++ [USDJPY] の損益推移>

Aznable++ [USDJPY]は、1000pips程度のドローダウンはあるものの、年間を通して一定の利益を上げていることが分かります。

一年を通して見ると、最初の半年で実力を示すことで徐々にユーザーを増やし、後半年でも期待に沿った実績を上げたことで信頼を勝ち取ってきた経緯が見えてきます。特に昨年後半は、ThirdBrainFxなど、それまでの優秀だったストラテジーが、軒並み変調をきたした時期だったため、それらとのコントラストが鮮明で、ストラテジーとしての優秀さを印象付けることになりました。

非常に安定性の高いシュアなトレードをすることで知られるQuickShift [EURJPY]でも、図中赤ラインで示すように昨年後半は足踏み状態だったことを考えれば、昨年12月初旬のアワード選考時点では、際立った印象があり、それが最優秀ストラテジーに選ばれた理由です。

さて、ここまではAznable++ [USDJPY]が実際に昨年一年で出した結果だけを見て評価してきました。次回の記事では、なぜそのような成績を収めることができたのか、という点について、更に深く分析してみたいと思います。


※この解説記事では、基本的な用語の意味や分析手法については、説明を割愛しています。初心者の方は、こちらの記事「山本克二流FX自動売買入門」や拙著をご参考にしてください。

2014年01月14日  | ミラートレーダー  | 記事URL