FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

シストレ.com(PLANEX TRADE.COMのミラートレーダー)の特徴の一つとして、1,000通貨単位の取引ができる点があります。一般的なミラートレーダーは1万通貨(10K)単位でしか取引ロットを設定できませんが、その設定値が1K単位でできるということです。

1Kロットを設定すると、ストラテジーの一回の取引額が1,000通貨、例えばドル円の取引であれば1,000ドルのトレードを行います。ただし、同時に4つの最大ポジションをとるストラテジーでは、最大4,000ドルのポジションを持つ可能性があるので、その点はご注意ください。

この1000通貨単位でロット数が設定できるということは、投資家にとって非常に大きなメリットがあり、そのメリットは大きく2つに分けられます。そこで、今回を含む2回の連載記事として、2つのメリットについて解説していこうと思っています。どうぞ、おつきあいください。

シストレ.comについて詳しくは公式サイトへ


さて、今回は第一のメリット、「少ない資金でトレードが始められる」という点について解説します。

それでは、一般的な1万通貨単位の場合と、1000通貨単位の場合で、必要な資金にどのくらいの差があるのでしょうか。

例えば3つのシステムをポートフォリオに組み込んで、それぞれの最大ドローダウンを2,000pipsとすると、合計で最大6,000pipsのドローダウンがあり得ることになります。(ストップオーダーの平均が100pips、マックスポジションが4、最大連続負け数を5回と仮定した場合)

この場合、あくまで最悪値ですが6,000pips、ドル円なら60万円くらいのドローダウンを織り込んでトレードする必要があります。更に、証拠金の余裕も考えると100万円くらいの資金がないと、一時的に発生するドローダウンの局面に耐えてトレードを続けることができなくなる可能性があるわけです。特に初心者の場合は、ここまでの損失額を織り込んで資金を投入できる投資家は多くないでしょう。

しかし、各ストラテジーの設定ロット数を1Kにして、投資金額を1000通貨にすれば、リスク額は上記の例の10分の1になります。つまり、10万円くらいの資金があれば、比較的リスクの大きなストラテジーでも3つ並行して利用でき、もし予想される最大のドローダウンが発生した場合でも、トレードを続けられる余裕が持てるわけです。

初心者のうちは、上記のように小さなリスクで経験を積んで、自信が付いて、更にその結果として資金も増えてきてから、徐々に1Kから2K、3Kとロット数を増やしていくのが手堅いやり方です。

また、ミラートレーダーの初期証拠金は、30万円くらいから始める投資家が多いようですが、そのくらいの資金量があると、1000通貨の設定で一つ一つのストラテジーを利用すれば、10個前後のストラテジーで構成する、かなり安定感のあるポートフォリオが作れます。

シストレ上達のコツとして、初期資金を破綻させずに、じっくり長くトレードを続けることが重要ですが、そのためには特性の違うストラテジーを数多く組み合わせるのが効果的です。様々な特性のストラテジーによって構成されているポートフォリオは、予想外のトレンド変化などにも柔軟に対応できる可能性が高く、リスク分散と相互補完を効果的に行えます。

1000通貨単位のメリットとして、同じ資金であれば、より多くのストラテジーから成る、安定感のあるポートフォリオが組める点も、大きなメリットとして知っておいていただきたいと思います。