FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

セントラルミラートレーダーのストラテジー選択ツール「シストレ広場」の概略については、以前書きましたが、今回はその中の「期間収益マップ」について解説します。

ストラテジーの各期間における収益がプラスかマイナスかが、ひと目でわかる便利な指標です。


セントラルミラートレーダーについて詳しくは、 公式サイトへ

良いストラテジーを選ぶ基準は多くあり、それらを組み合わせて利用することが大切ですが、その基準の一つとして、ほとんどの投資家が使っている指標が、「期間損益」ではないでしょうか。つまり、過去に利益を出しているのか否かということです。非常に単純ですが、やはり気になる指標であることに違いありません。

ところが、この損益という指標を見るときには注意すべき点が必要です。それは、短期的な利益になっていないかということです。ストラテジーに実力が無くても、短期的にはまぐれで利益が上がることがあるので、そこに騙されないようしないといけないわけです。

それでは、長期的に利益が出ていればいいでしょうか?必ずしもそうとは言えない場合があります。例えば、特定の相場でパフォーマンスを発揮して大きな利益を出して、その後は泣かず飛ばずという状態のストラテジーでも、長期の期間損益にまるめてしまうと、プラスに見えてしまいます。

更に注意しなければならないこととして、見る期間によって、ストラテジーの収益性に違いが出てくることです。同じストラテジーですから、本来実力値は一定のはずで、その実力値が私たちが知りたいことですが、現実は、それが違って見えてきてしまいます。下図は、その例ですが、一つのストラテジーの出す損益が、3カ月のスパンで見るのと、6カ月で見るのでは、かなり異なって見えます。

期間による損益の見え方
<期間の違いによる損益の見え方>

そういう理由で、理想的なストラテジーは、短期~長期で期間損益を見たときに、そのすべて
の期間で利益が出ているようなものです。それをひと目で見分けられるのが、シストレ広場の「期間収益マップ」です。向かって左から「30日」「90日」「180日」「12ヶ月」の損益がプラスの場合青、マイナスの場合赤になります。四角が四つ並んでいるだけの単純な指標ながら、投資家のニーズをよく掴んだ、分かりやすい指標です。

central11.jpg
シストレ広場「ストラテジーランキング」より