FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

※ この記事は2013年2月14日現在のサービス内容を元に書いています。

2013年2月から、セントラル短資FXからもミラートレーダーが提供されるようになりました。

 ※今なら5,000円キャッシュバック中。
  セントラルミラートレーダーについて詳しくは、 公式サイトへ


国内でも提供する会社が続々と増えているミラートレーダーですが、セントラル短資は後発なだけに、他社のサービスをよく研究していて、1000通貨単位の投資可能や、ストラテジー選びのサポートツール「シストレ広場」など、魅力的なスペックになっています。

セントラルミラートレーダーについての第一回記事として、今回は1000通貨のメリットについて解説します。

トレードを始める時には、一時的にでもドローダウンによって資金がショートすることを避けるために、リスク額を予測しておくことが必要です。ミラートレーダーの投資単位は、一般には10K(一万通貨)ですので、この場合例えば一つのストラテジーで300pipsの損失を5回連続で出すのを最悪のケースと想定すると1500pips、つまりドル円なら約15万円、更に3個のストラテジーを利用したポートフォリオを作ると、その3倍で45万円のリスクを織り込んで、資金を準備する必要があります。

FX自動売買を始める人の初期資金は10~50万円が多いと言われていますが、上記のことからもそのくらいが最低額であることが分かります。

しかし、そのような金額では、初心者にとってリスクが大き過ぎると感じる方も多いのではないでしょうか?

セントラル短資の場合、最小1,000通貨(ミラートレーダーでの設定値=1K)の投資が可能ですから、その場合のリスク額を計算すると、単純に1万通貨の場合の10分の1になります。

具体的には、数万円~10万円ほどの投資額でも、複数のストラテジーを同時に運用する本格的なポートフォリオが作れます。このくらいの金額であれば、特に入門者にとっては、投資を始めるための敷居がかなり低くなったと感じられるのではないでしょうか?

セントラル短資FXの公式ページでは、約3000円から投資可能と書いてあります。1米ドル/円=80円 x 1,000(通貨) ÷25(最大レバレッジ) ≒ 3000円という計算だと思いますが、これは極端な例です。証拠金の余裕度や、複数ストラテジーを同時に運用してリスク分散することも必要です。また、最悪のドローダウンでもトレードを続けられるような資金的余裕をもって、トレードを始めるべきです。その点は、はご注意ください。

特に初心者の内は、あまり大きな投資をせず、少額のリスクで、じっくり実戦経験を積んでほしいものです。そのために、1,000通貨単位の投資ができるのは、魅力だと思います。