FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

【質問】
ミラートレーダーをしばらく利用してきましたが、自分自身で売買戦略(ストラテジー)を作ってみたくなり、メタトレーダー4へのステップアップを考えています。

その際に注意すべきことについて、教えてください。

【回答】
ミラートレーダーやエコトレFX、アルゴトレード365のような選択型トレードツールを利用しているユーザーが、MT4に移行する際に意外に見落としがちなのが、トレードシステムが自分のPC上で動作しているのか、それともFX会社のサーバーで稼働しているのかの違いです。

多くの選択型トレードツールでは、FX会社のサーバー上でストラテジーが動いているので、自宅のPCはOFFにしてもトレードは続いています。そして、トレード結果を見たり、ポートフォリオを変更する時だけ、ログインするというのが当たり前になっています。

しかし、MT4のような開発型トレードツールでは、自分のPC上でシステムを稼働させるので、PCを切ってしまえば自動売買しなくなってしまいます。故意にOFFしなくても、故障でPCがダウンした場合や、ネットワーク障害でFX会社にアクセスできなくなれば、その時点で自動売買は停止します。

そこで最近、MT4の場合は、VPSを利用することが一般的になっています。

VPSは、専門の会社が運営・管理するコンピュータシステムの一部を間借りできるサービスです。このサービスを利用すると、プログラムの実体(MT4やその上で動く売買システム)は業者のサーバー上で動いていながら、操作はネットワークを通じて自宅でできるようになります。本来一部の間借りでありながら、利用者からは見かけ上自分専用のサーバーPCを占有しているように見えるため、VPS(仮想専用サーバー)と呼ばれます


そして、このVPSを利用して、業者のサーバー上で MT4などのシステムトレードツールを動作させることで、自宅PCのダウンやネットワーク障害のような問題の多くが解決します。専門業者の立てているサーバーは、多くの場合、自宅の個人向けPCやネットワーク機器とは、その信頼性や性能が格段に違いますので、お金のかかったトレードを任せるのにも安心感があります。また、サーバーがネットワーク上にあるということで、自宅のPC以外のどこからでも利用できることも魅力です

以前はVPSはある程度コンピュータの専門知識のある人を対象にしたサービスだったため、設定が少々難しいという問題がありました。しかし、最近は FXや先物のトレーダーをターゲットにしてVPSサービスを提供する会社も増えてきました。

FX会社の中には、MT4のユーザーにVPSを無料提供するところもあります。別にVPSを契約すれば、月当り数千円かかりますので、FX会社を選ぶ際は、そのようなサービスの有無も参考にしてはいかがでしょうか。


FX自動売買「よくある質問」の目次へ

2012年06月05日  | 運用テクニックなど  | 記事URL