FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

セントラル短資FXの自動売買ツール『クィックチャート・トレード』は、元々はその名のようにチャートソフトという意味合いの強いトレードツールでしたが、今年1月から自動売買機能が追加されました。

更に2月からは、自動売買ロジック(ストラテジー)の無料公開も始まり、初心者にも使いやすい環境が揃ってきています。

詳しくは、 セントラル短資FXのHPへ

クィックチャート・トレードを使ったFX自動売買のやり方としては、大きく2つのスタイルがあります。

スタイル1)オリジナルの売買モデルを「ストラテジエディタ」で作成

クイックチャート・トレードは、FX自動売買ツールとしてのカテゴリーは、「開発型」に入ると思います。しかし、ストレテジエディタは、MT4で使われるMQL4のような開発言語ではなく、メニュー形式でテクニカル指標を選び、パラメーターを設定することで、独自のロジックを記述します。使い勝手としては、7FX MetaTrader4「EA Generator」などの、簡易プログラミングツールと似ています。

バックテストやその結果をファイルとしてエクスポートする機能があるので、ある程度テクニカル分析の知識があれば、指標を組み合わせたり、パラメーターを変えて、バックテストの結果を評価・検証することが簡単にできます。

バックテストというと、単に利益の大小を見るだけになってしまいがちですが、私が本で書いているような分析手法を使ってエクスポートしたデータを分析すれば、更に深い情報を得ることができるでしょう。


スタイル2)ストラテジプロバイダーが提供する売買ロジックを使う

セントラル短資のホームページでは、2月から専門のプロバイダーが開発した売買ロジックの公開を始めました。それらをインポートすることで、必ずしも最初から自分で売買ロジックを作る必要はなく、「選択型の自動売買ツール」と同じような運用もできます。

そのまま初期のパラメータで利用する方法もありますが、自分自身でパラメータを変えることもできるので、「自分のオリジナル売買ロジックを作りたい」という方に向いた自動売買ツールだと思います。

また、最近は自動売買の必須アイテムになっているVPSですが、それが5か月間無料で利用できるキャンペーンも実施中です。