FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

くりっく365の自動売買ツール「シストレ365」は、FXトレーディングシステムズが提供する独自の自動売買ツールです。

詳しくは、 FXブロードネット シストレ365のページへ

多くのFX業者が、ミラートレーダーやメタトレーダー4(MT4)などの世界標準ツールを提供する一方、同社のように独自ツールで勝負するところも増えてきています。例えば、ひまわり証券のエコトレFXや岡三オンライン証券「アルゴトレード」、セントラル短資「クィックチャート・トレード」などが同じような独自ツールです。

シストレ365の取引対象は、くりっく365(東京金融取引所が取扱っている為替証拠金取引)を取引対象にしている点です。他にくりっく365のFX自動売買プラットフォームには「アルゴトレード365」などがありますが、まだまだ少数派で、他の自動売買ツールのほとんどがOTC(店頭取引)です。そういう意味で、くりっく365で自動売買をやってみたいという人には、有力な選択肢の一つになるでしょう。

因みに、アルゴトレード365が選択型のツールなのに対して、シストレ365は開発型のツールにカテゴライズできると思います。そのため、自分自身でストラテジーを作るスタイルのトレーダーに合っています。ただし、開発型と言っても、メニューにしたがってあらかじめ用意されたテクニカル指標を選んだり、利食い、損切のレートを定義したりするタイプの簡易開発ツールですので、プログラミングに詳しくないといけないというわけではありません。

独自のアルゴリズムを定義する時の使い勝手は、7FX MetaTrader4「EA Generator」やセントラル短資「クィックチャート・トレード」に似ています。

シストレ365の特徴として他社にないものとしては、「成果報酬型」と呼んでいる手数料の取り方が挙げられます。一般にくりっく365の取引では、一回の売買あたりに手数料がかかります。例えばアルゴトレードの場合は、1枚あたり片道100円ですが、シストレ365の場合は、利益が出た場合だけ、手数料を取るというシステムになっています。

正確に言うと、

 ・損益 ≦ 0円 の場合、0円
 ・0円 < 利益 < 750円 の場合、150円
 ・750円 ≦ 利益 の場合、損益の20%

となりますので、細かなトレードを多数実行するようなロジックでは、結局マイナスになる場合があります。ある程度の利幅の取れるシステムを使う場合に合った課金システムと言えるでしょう。