FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

本日は、フィリップ証券のミラートレーダー「ミラーFX」について紹介します。もちろん他社のミラートレーダーと同じく、機能や利用できるストラテジーに大きな差はありませんが、「ミラーFX」の特徴としては、フィリップ証券の信用力があると言えるかもしれません。

フィリップスグループ
<フィリップス証券のサイトより>

OTC(店頭取引)のFXの場合、経営基盤の強さもFX会社を選ぶための重要なチェックポイントになることは、よくご存じと思います。複数のFX会社に資産を分けて分散投資することも、よくやる方法ですが、そういう時の選択肢として、世界10カ国に事業展開している大手金融グループに属しているフィリップ証券は有力だと思います。

ここで、複数のFX会社を利用する意味について少しお話したいと思います。

私がTradency社のミラートレーダーを利用し始めたのは、かなり以前ですが、当時アメリカのFX会社の経営破綻が大きな話題になっていました。(現在の日本では、金融庁の指導で破綻の危険性は非常に小さくなっていますが、合併や買収、事業移管などはよくあることで、やはり安心して長く付き合えるFX会社を選ぶことが大切であることに違いありません。)

それをきっかけにして、私は複数のミラートレーダー提供会社にポートフォリオを分散することを始めました。その時は、ミラートレーダーが利用できるFX会社は、世界に2つしかなかったため、2社からスタートしています。

ポートフォリオを複数の会社に分けて持つ考え方は、単にリスク分散のためだけに有効というわけではありません。実際に、同じストラテジーを異なる会社で運用すると、通貨毎のスプレッドやスリップの大きさ、約定率に違いがあることがよく分かります。場合によっては、同じストラテジーと通貨ペアでも、ある会社ではポジションをとったのに、別の会社ではスルーしてしまうことも経験します。複数のFX会社を利用することは、そのような様々な違いを平均して、システムトレードの結果を安定化させる効果もあるのです。

資金が少ないと、それぞれのストラテジーに設定できるロット数が最少取引単位になるので、複数社で同じストラテジーを運用するのは難しいでしょう。現実的には、運用する資金が増えるのに合わせて、徐々に利用するFX会社を増やしていくような進め方が良いと思います。


<フィリップス証券の独自ストラテジーについて>

各社のミラートレーダーの最近の傾向として、国内のプロバイダーのストラテジーを独自に搭載している例が多くなっていますが、フィリップス証券も積極的に、ゴゴジャン、テラス、インディ・パなど国内の有力プロバイダーからの提供を受けるようになっています。

それらプロバイダーは、ミラートレーダーに限らずメタトレーダー他のFX自動売買プラットフォームに対応したストラテジーを、長年開発してきた会社です。他のプラットフォーム用のストラテジーは有料のことが多いので、無料で利用できるミラートレーダーで、それらの専門業者の作ったストラテジーが利用できるのは、大きな魅力と言えると思います。