FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

【質問】
エクセルのVBAでFXの値動きを分析してシグナルを出すプログラムを作っています。次の段階として、そのシグナルで自動売買ができるようにしたいのですが、それは可能でしょうか?

【回答】
私も、システムトレードを始めた当初は、VBAで売買シグナルを出すプログラムを自作していました。当時は、そのシグナルを見て、手動で売買注文を出していたのですが、今はAPIを公開しているブローカーがあるので、自動で売買できるようなプログラムの開発が可能になっています。

API(Application Programming Interface)というのは、金融事業者の提供する取引システムと自作のプログラムの間の通信上の取り決めのことです。発注や注文照会などの動作を自動的に行うプログラムを開発するための環境を提供するインターフェイスで、これが公開されると、そのAPIを使えば、どのようなツール(プログラム)からでも金融事業者を通じて株や為替の売買ができるようなります。したがって、トレードをする場合に、必ずしも事業者の提供するツール(例えばミラートレードやメタトレーダーなど)を使う必要がありません。

APIを公開しているブローカーはいくつかありますが、機能やマニュアル、サンプルプログラムが充実しているものとしては、・マネックスFXのMonexJooトレーディングAPI・FXCMジャパンのOrder2Goなどがあります。

ただしAPIは、トレーダーがある程度のプログラミングスキルを持っていることが前提のサービスです。FX会社のサポート対象外になっていことが多いので注意が必要です。


FAQに戻る

2011年05月29日  | 運用テクニックなど  | 記事URL