FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

ミラートレードは、非常に多くのシステム(ストラテジー)が、予め世界中から集められていることが魅力です。もちろん選択肢が多いということは、有利なことですが、しかし反面、その中から実際のトレードで使えるものを選び出し、更には自分のリスク許容度に適した組み合わせ(ポートフォリオ)を作るのは容易なことではありません。

「プレミアムラウンジ」は、投資助言代理業のライセンスを持った専門会社が運営するサイトのため、かなり踏み込んだ具体的なアドバイスが魅力です。投資判断のための情報の一つとして、参考になるものだと思います。

pr_home.jpg(プレミアムラウンジのホーム画面上部:ログインするにはオートFX口座開設後に提供されるIDとパスワードが必要)

※今なら、オートFXタイアップキャンペーン中

前回記事で解説したようにプレミアムラウンジには様々なメニューがありますが、読者の関心は、やはり「i-ランキング」「i-ポートフォリオ」に集中しているようです。そこで今回の記事では、その2つのメニューについて、実際にどのような情報が提供されているかをお見せします。

1.「i-ランキング」

pr_maxdd_s.jpg「i-ランキング」では現在、平均利益、修正プロフィットファクター、潜在的最大ドローダウンで上位にランキングされたストラテジーと通貨ペアの組み合わせが表示さています。上の図は、その中の潜在的最大ドローダウンの画面キャプチャです。インディ・パ独自の統計学的な処理がされていることが下の「コメント」に書かれています。更新は、毎月1回です。

2.「i-ポートフォリオ」
pr_port_s.jpg
「i-ポートフォリオ」は、毎月更新されてる参考ポートフォリオです。資金量に応じて3コース、50万円、100万円、200万円が提示されますが、上図はその中の50万円コースです。リスク許容度やレバレッジの範囲などについて、かなり具体的な根拠も書かれています。

※今回の記事で利用したキャプチャ画像とその他の情報は、「プレミアムラウンジ」運営会社のインディ・パ株式会社の許可を得て掲載しています。

3.インディ・パへのインタビュー
キャプチャ画像の利用許可を申請したついでに、簡単なインタビューをしてみました。

(山本)
「プレミアムラウンジ」では、顧客からの個別の相談や質問は受け付けていますか?

(インディ・パ)
はい。受け付けています。twitterで気軽に聞いていただく場合もありますし、質問フォームから重厚なご質問をいただく場合もあります。いただいたご質問とその回答のうち、公開可能なものをセレクトした上で、2010年11月から新たに開設するQ&Aコーナーで会員の皆様にも共有させていただきます。

(山本)
「i-ポートフォリオ」で採用されたストラテジーに変調が起きた時は、告知されますか?

(インディ・パ)
いいえ。告知しません。i-ポートフォリオはあくまで会員のご参考のための情報で、毎月1回だけアップデートを行ないます。いわずもがなですが、ポートフォリオは、リアルタイムでウォッチすることが重要です。成績が落ちたストラテジーをポートフォリオからリムーブするのは、有限の資金を動かすポートフォリオマネージャーの仕事の中でも最重要の仕事です。リアルタイムのポートフォリオは、投資助言業として別途有料サービス開始を検討しており、某社から提供させていただく予定です。メール形式でリアルタイム配信します。ご期待ください。

(山本)
システムプロバイダーとして長くTradencyのツールに係わってきたご経験から、ミラートレードで成功するための秘訣などあれば、お教えください。

(インディ・パ)
長期的な視野を持った監督になるよう思考回路を切り替えることです。優れたシステムを作り出すプレイヤーを目指すことから、優れたプレイヤーを集め、チームとしての勝利を求めるマネージャーになることのがミラートレードでの成功の秘訣です。そのためには、勉強と実践が必要です。特に山本克二さんの著書『使える売買システム判別法』と『ガチンコ投資必勝技』は必読で弊社も非常に参考になっています。実践については、FXトレード・フィナンシャルやFXCMジャパンのデモ口座で納得が行くまで練習してください。試行錯誤を続けるうちに、ライブ取引を行う自信がつくと思います。

(山本)
拙著についても言及していただき、恐縮です。ご回答、ありがとうございました。

※今なら、「オートFX」の口座開設を申し込むと
このブログ読者だけの特典があります。詳しくはこちらへ