FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

MT4入門者向けの第2回記事です。今回は、MT4で調達派の自動売買を行うための「オススメの導入手順」についてお話しします。
というのは、MT4はメリットも多いのですが、Tradency社ミラートレードなどの選択型ツールに比べて上級者向けで、初めての利用には注意すべき点も多くあります。また、市販のEA(売買システム)は、まさに玉石混交のため、購入にもリスクがあります。そのため、無理なく(最小限のリスクで)MT4の自動売買をはじめるための手順について、お話することにしました。

→前回記事「メタトレーダー4のはじめ方①」へ

オススメの導入手順 目次

ステップ1)無料デモで操作に慣れる
ステップ2)フリーのEAで自動売買の実験
ステップ3)本格的なEAの購入・動作テスト・評価
ステップ4)口座開設・リアルトレード


ステップ1)無料デモで操作に慣れる
最初にMT4の操作を覚える必要がありますが、そのために必要なのものはインターネットに接続されているPCと、MT4のダウンロード、デモ口座の開設、マニュアルの取得です。MT4自体も、デモ口座、マニュアルも全て無料で提供しているFX会社がほとんどですから、ここまでは気軽に試してみることができます。
先述のようにMT4は機能が豊富なため、じっくりマニュアルを見ながら操作を覚えましょう。
ここではサンプルとして、セブンインベスターズ【MTFX】 のリンクを挙げておきます。

→MT4ダウンロードとデモ口座開設

→MT4マニュアル

マニュアルだけでは分かりにくいという方は、MT4関連の書籍を購入するのも良いでしょう。また、このブログでも以前、MT4関連の参考書について書いているので、それらの記事を参考に、ご自分に合った書籍やDVDを探してみてください。

→MT4関連記事:メタトレーダとトレードシグナル
→MT4関連記事:メタトレーダ4のプログラミング言語MQL4

ステップ2)フリーのEAで自動売買の実験
次の段階として、EAによる自動売買の実験をしてみましょう。この段階では、まだデモ口座を使うので、EA自体の性能や信頼性は問いません。ネット上では様々なEAが入手できますので、それらを利用するのも良いでしょう。
また、もっとも簡単な方法としては、ダウンロードしたMT4に標準で入ってくるサンプルEAがありますので、それを使うこともできます。

ステップ3)本格的なEAの購入・動作テスト・評価
ここまでのステップでMT4の上でEAを動作させることはできるようになりました。次に必要なのは、実際に利用する本格的な市販EAを探すことです。

世の中には、膨大なEAが流通しているため、本当に良いものを選ぶのは難しいことですが、ベンダーの会社としての信頼性や十分なデータを公開していることなどを基準に選ぶのが良いと思います。
このブログでも、時々EAのキャンペーン情報を掲載していますので、それらもご参考にしてください。

また、購入しても、そのまま実運用を始めるのはお勧めしません。じっくりテストをして、その結果を分析した上で、信頼できるシステムと判断した場合のみ、リアルマネーでの実運用に移すべきです。
せっかく購入したシステムをすぐに利用したい気持ちは分かりますが、システム選びに失敗した場合、運用時に失う金額の方が、EAの購入金額よりはるかに大きくなることが多いので、そこは慎重に取り組んでいただきたいと思います。
良いシステムを判断するためのデータ分析の手法は、拙著「使える売買システム判別法」や「FX自動売買・ガチンコ投資必勝技」でも詳しく解説していますので、ご自分に合った本を選んでご参考にしてください。

ステップ4)口座開設・リアルトレード
MT4の操作を覚え、自信をもって利用できるEAを入手して、初めて実運用のための口座を開設します。


その他、MT4は自分のPC上で動作するアプリケーションソフトなので、Webアプリの選択型トレードツールからステップアップする方は、特に注意が必要です。

システムダウンや停電に注意する必要があるのです。MT4からの、売買のオーダーは実際にはFX会社の売買システムによって実行されていますので、MT4がストップすると、FX会社のシステム上はコントロールされていないポジションを持ったままになります。そのための備えとして、他のアプリケーションを動かさない自動売買専用のPCを用意し、さらにUPS(無停電電源装置)で電源をバックアップするとか、ノートPCでシステムを稼動させるなどの安全策を講ずるのも良いことです。更に安全な方法として、VPSというサービスもありますので、それについては別途ご紹介したいと思っています。
また、MT4に不具合が生じたことに気がついた時に、緊急に持っているポジションを全てクローズできるように事前に練習しておくといいでしょう。