FX自動売買システムが、あなたの代わりに24時間不眠不休でプロ並みのトレードをやってくれる!山本克二
各社自動販売ツール徹底比較 各FX会社とのタイアップ 当サイト限定キャンペーン

今月のおすすめ

シストレ24
ミラートレーダー国内最大手
最大10,000円キャッシュバック中!

関連記事へ

セントラルミラートレーダー
おすすめポートフォリオを参考に、MTP機能でポートフォリオの一括登録も簡単。

関連記事へ

FX自動売買としては希少な、ミラートレーダー以外の選択型プラットフォーム。

エコトレFX
通貨と取引量に応じて最大60万円キャッシュバック

関連記事へ

1000通貨のFX自動売買ツール

ミラートレーダーの最低取引数量が5Kに

従来ミラートレーダーの最低取引数量は1K(1000通貨)を採用するFX会社が多かったのですが、インヴァスト証券のシストレ24が3月31日から、最低5K(5000通貨)になります。プラットフォーム提供会社トレーデンシー社の方針なので、従来1K単位で提供していた他のFX業者も、今後徐々に対応していくもの...

『使える売買システム判別法』プレゼント企画スタート

PLANEX TRADE.COMが提供するミラートレーダー『シストレ.COM』との、タイアップキャンペーンが始まりました。10,000円のキャッシュバックに加えて、
当サイトからの口座開設者限定で、『使える売買システム判別法』(山本克二著)をプレゼント!

『使える売買システム判別法』は、システムトレードの攻略法をまとめた本です。特徴は、このサイトでも紹介している確率論や統計学といった数学的手法を使っている点です。ご興味のある方は、この機会に入手されてはいかがでしょうか。


※ 当サイト限定プレゼントは、必ずタイアップ専用ページから申し込んでください。

使える売買システム判別法 確率統計で考えるシステムトレード入門

キャッシュバックと本プレゼントについて詳しくは、 専用ページへ

ミラートレーダーが初めてという方は、 「ミラートレーダー(Tradency MirrorTrader)とは?」をご覧下さい。


シストレ.COMとは


ミラートレーダー提供業者が国内だけでも10社近くになったため、各社のスペック競争が始まっています。基本的にプラットフォームとしてのミラートレーダーに違いが無いため、スペック上で他社と差をつけるポイントは、あまり多くありません。

最近のトレンドとしては、以下のような点をアピールするFX会社が多くなっています。

・1000通貨取引が可能
・低スプレッド
・ストラテジー選びのための情報提供が充実
・高速/流動性の高いバックトレードシステム採用

シストレ.COMは今年になってサービスを提供しはじめた後発組です。そのため、上記すべての要素に対応した、いわば最新スペックのミラートレーダーになっています。このあたりは、他社を研究できる後発の強みでしょう。

シストレ.COMで精密なポートフォリオを作る

ミラートレーダーのポートフォリオ作成
前回は、最小取引単位が1000通貨(ミラートレーダーの設定値:1Kロット)であることのメリットとして、少ない資金での取引ができる点を中心に解説しました。今回は、経験者向けのもっと高度な1000通貨の使い方について解説します。システムトレードでは、複数のストラテジー(売買システム)を並行して利用する...

1000通貨の少額からスタートできる「シストレ.com」

シストレ.com(PLANEX TRADE.COMのミラートレーダー)の特徴の一つとして、1,000通貨単位の取引ができる点があります。一般的なミラートレーダーは1万通貨(10K)単位でしか取引ロットを設定できませんが、その設定値が1K単位でできるということです。1Kロットを設定すると、ストラテジー...

シストレ.COMのバックトレードシステムCURRENEX

「シストレ.COM」は、PLANEX TRADE.COM(プラネックス・トレード・ドットコム)が提供するミラートレーダーです。2013年2月サービス開始と、後発のため、他社のミラートレーダーと比較すると、様々な点で研究され、工夫されたスペックになっています。その特徴の一つが、バックトレードシステムと...

セントラル短資FXのミラートレーダー・セミナー

ミラートレーダーの開発元、トレーデンシー社のセミナーが5月23日に、開催されます。(主催:セントラル短資FX)トレーデンシー社の社員が行うセミナーなので、プログラムも興味深い内容になっていますが、セントラル短資FXに口座を持っている方限定で、定員が20名と少ないので、早めに申し込む必要がありそうです...

セントラルミラートレーダー「シストレ広場」

ミラートレーダーでは、良いストラテジーを選ぶことが第一に重要です。そこで、各社がストラテジの特長やパフォーマンスを簡単に検索・チェックできるツールを提供していますが、セントラル短資FXが提供している「シストレ広場」は、そのようなツールの中でも評判が良いものの一つです。ご存知のように、ミラートレーダー...

1,000通貨で本格的なポートフォリオを作る

※ この記事は2013年3月11日現在のサービス内容を元に書いています。セントラルミラートレーダーについての第2回として、今回は1000通貨単位で投資できることの、もう一つの大きなメリットについてお話します。  ※今なら最大10,000円キャッシュバック中。  セントラルミラートレーダーについて詳し...

1000通貨の少額投資ができる「セントラルミラートレーダー」

※ この記事は2013年2月14日現在のサービス内容を元に書いています。2013年2月から、セントラル短資FXからもミラートレーダーが提供されるようになりました。 ※今なら5,000円キャッシュバック中。  セントラルミラートレーダーについて詳しくは、 公式サイトへ 国内でも提供する会社が続々と増え...

シストレに最低必要な資金は?

【質問】シストレ(FX自動売買)を始めようと思うのですが、どのくらいの資金が必要なのでしょうか?【回答】一般的には、10~50万円くらいの資金で始める方が多いようです。ほとんどの自動売買ツールは、口座開設、維持管理、手数料が無料なので、この資金は事前にFX会社に預ける証拠金です。できれば、50~10...

1000通貨取引可能なFXCMジャパン ミラートレーダー

FXCMジャパン証券は、国内で一番最初にミラートレーダーを採用したFX会社です。バージョンアップへの対応も早く、またNDD(No Dealing Desk)によりレートの透明性が高いのが特徴です。また、ミラートレーダーとしては数少ない1000通貨単位で取引のできる業者の一つなので、できる限り少ない資...

1000通貨取引可能なミラートレーダー FOREX.com

フォレックスドットコムのミラートレーダー
フォレックスドットコムのミラートレーダー「MirrorTrader」のサービスは今年2月に開始され、国内では8社目のミラートレーダーということになります。提供開始が遅れた分、他社をよく研究して、差別化が図られています。 詳しくは、フォレックスドットコム Mirror Traderのページへ 他社のミ...

アルパリのメタトレーダー4(MT4)

アルパリ(Alpari)は、世界20ヶ国に展開する大手FX会社です。海外のアルパリでは、ミラートレーダーや裁量トレード用のツールも提供していますが、国内のサービスとしては今のところメタトレーダー4(MT4)に絞っています。→詳しくは、Alpari MT4のページへ1000通貨単位(マイクロロット)の...

初心者におすすめのFX自動売買ツール・ランキング!

最近、「初心者は、どのツール、どの業者からスタートしたら良いか?」という内容のご質問を受けることが多くなりました。そこで、私のおすすめランキングを公開します。ご自分に合った自動売買プラットフォーム選びの参考にしていただければ幸いです。 最終更新:2013・6・2 1位 PLANEX TRADE.CO...

FXCMジャパン証券のMT4 10,000口座開設達成

FXCMジャパン証券のメタトレーダー4「FXCM MT4」の口座数が、10,000を超えたそうです。昨年合併したODL Japanからのユーザー移行などもあると推察されますが、それにしてもこの短期間に、ずいぶん多くのユーザーを集めたものです。シストレ(FX自動売買)全体のユーザー数が急速に増えている...

1000通貨から投資可能なサイバーエージェントMT4

12月16日からサイバーエージェントFXのメタトレーダー4(MT4)がサービス開始しました。CyberAgent FX MT4サイバーエージェントの特徴の一つは、ほとんどの通貨ペアで1000通貨単位の売買ができることです。最近は国内でもMT4を提供するFX会社が多くなってきましたが、1000通貨単位...

FXCMジャパン証券1000通貨単位で精密なポートフォリオ作成が可能に

1000通貨単位のミラートレーダー
FXCMジャパン証券のミラートレーダーが10月17日にバージョンアップします。これにより、ミラートレーダーの新機能の多くが使えるようになるのですが、それ以上に重要な変更があります。それが、ロット数設定の最小値が1000通貨(設定値=1K)になるという点です。今のところ、国内でこれができるのは、FXC...

メタトレーダー入門 最小リスク&資金からのはじめ方①

これから4回の連載で、メタトレーダー4(MetaTrader4,MT4)の導入事例について書くつもりです。この記事では、1000通貨単位で取引ができるFOREX.com MT4を利用して、できる限り小さなリスクからメタトレーダーによる自動売買を始めることを、テーマにします。※更新情報:2012年8月...